SSブログ

「日食」とは?どんな種類があって、いつどこで見られるの?

「日食」とは?どんな種類があって、いつどこで見られるの?


日食.jpg

ニュースで時々、○月○日に日食が見られます、とか、「日食見れましたー!」なんて聞きますよね。でも、そもそも日食ってなんだっけ?小学生の授業で習ったような…という方、結構多いのではないでしょうか?日食が起こる理由、日食の種類、次はいつ見れるのか、について紹介していきます。


1.日食って何?
昼間に見える太陽はまんまるですが、これが数年に一度、晴れた昼間でも見えない、欠けているように見えるという不思議な現象のことを言います。

2.日食はなぜおこるの?
ではなぜ、見えなくなったり欠けて見えたりするのでしょうか?
普段、月や地球は、太陽の周りをグルグルまわっています。
この太陽と月と地球のタイミングが合い一直線に並んだとき、太陽の光が一部、月にかぶさり隠れてしまうために、地球からは光が届かない部分が欠けて見えていたのです。

3.日食には種類がある
ニュースでは皆既日食や金環日食という言葉を耳にしますよね。
日食には3つの種類があります。
部分日食
先ほど説明した、太陽が月に隠れて一部欠けて見える現象です。
少ししか欠けて見えないこともあれば、細く見えるほど大幅に欠けることもあります。
皆既日食とは
部分日食とは違って、太陽が月に完全に隠れているように見えます。
皆既日食が終わりに近づき、太陽を隠していた月の隙間から光がもれだし、ダイヤモンドリングと呼ばれる現象がおこります。まるでダイヤモンドが付いた指輪のようだと表されるほど、綺麗な現象です。皆既日食を見るなら、是非ダイヤモンドリングも見たいですよね!
金環日食とは
皆既日食のように太陽が月にすべて隠れてしまわず、太陽が月からはみ出して輪のように光る現象です。金環食は、月の表面クレーターで、光が途切れ、ビーズのように見えるベイリー・ビーズという現象がみられることもあります!

4.じゃあ、日食はいつ見れるの?
調べてみると、一度起きた場所で次に起きる頻度は、皆既日食は480年に一度、金環日食は324年に一度しか起こらないとのことでした!それほど珍しい現象なのですね。次回の2030年に観測できるといわれている金環日食も北海道のみ、なのだそうです。世界中全ての地域で見れば、毎年どこかで日食は起きているのですが、日本でも場所によってかなり違いがあり、自分の住んでいる地域で見ることができるのは本当にラッキーなことだということがわかります。自分の地域が次何年後に観測できるのか、インターネットなどで調べておくといいかもしれません。意外と数年先かもしれませんよ!

nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます